ちょっとめずらしい?じゃず・レコード盤??? Vol.52

ALFIE / SONNY ROLLINS

棚のインパルスの背表紙を見ていて
気づいたのだが
「ALFIE」の背表紙はオレンジと白の
2種あったとは知らなかった
白の背表紙は珍しく
棚を見ても他にはコルトレーンの
「A LOVE SUPREME」「SELFLESSNESS」くらいしか見当たらない

日に焼けてオレンジ色が抜けたか?
とも思ったがよく見ても
退色したような感じではない

アルフィーのステレオ、モノラルのジャケットは
プレスティッジのようにずらして使用している
そのため一回印刷すれば終わりのはず
なぜ白の背表紙があるのだろう

インパルスには優秀録音盤が多い
他の名盤の陰に隠れて
話題にならないのがロリンズの「ALFIE」
しかし録音の優秀さはインパルスの中でも
トップクラス。
しかも直輸入盤として大量に入って来たためか
インパルスは他の廃盤に比べて価格が安い

昔から特にアルフィーは人気がなく
買った当時は1500〜2000円でいつでも買えた
モノラルでも3000円はしなかった
今でも人気があるのかないのか
ステレオ盤で3000円以上ではなかなか売れないのはず

ステレオは空間処理が素晴らし過ぎるのか
スッキリ整理された空間が出来上がる
対するモノラルは音の塊が飛び出す
しかしどちらも甲乙付けづらい
オーディオファンで
ジャズのオリジナル盤に興味のない人でも
機会があれば聞いてほしい一枚 ( 2017/4/16 )

音質★★★★〜
音質★★★★〜(ステレオ感★★★★☆)

GWセール

今年のユニオンのGWセール
目玉がない?
ひとつでも欲しいレコードが出れば
と、思っていたが期待はずれ
ま、こう言う年もあるさ
他のジャンルでも同じように
目玉が少ないらしいが
それでも集め始めのコレクターは
ヨダレを垂らしているのだろう
廃盤に新鮮さを感じない
僕みたいなコレクターもどきは
ユニオンに行っても
他のコレクターからは
汚物扱いだろうな

さて、独り言
ビル・エバンスの4部作
何を一番聞くかと言うと
「Portrait In Jazz」の枯葉
ラファロの“音”が、たまらなく甘く繊細
ラファロとエバンスの“音の対比”が最高
他の作品のラファロも良いけれど
何か緊張感が少し欠けているような
同じ「Portrait In Jazz」でも
ステレオの別テイク「枯葉」は全然ダメ
モノラルと比べると投げやりな感じ
録音もモノラルに比べ少し劣る
どうしてこんなに差があるのか分からないが
個人的にステレオ盤に価値は無し

僕の問題はモノラル盤
聴きすぎて少しピークが歪むようになったこと
昔は綺麗なレコードを3枚所有していた
当時大金に目がくらんで
1枚残して友人に譲ってしまったが
今頃後悔している
再び買う気力もないのだが
どこかに綺麗なレコード落ちてないだろうか

そういえば昔、オーディオマニアの部屋で
「Portrait In Jazz」は好きと言ったら
わざわざレコードを探して
(レコードマニアではないので日本盤を)
聞かせてくれたのだが
「・・・」
やはり微妙
良いオーディオなのにもったいない
とは、当時言えないよね

先日撮った「Portrait In Jazz」のジャケット写真
色合いが見事に再現されている
快心のショット!

と、自分では思っている
所詮自己満足ですけどね ( 2017/4/22 )

音質★★★★
音質★★★☆(ステレオ感★★★)

FLIGHT TO DENMARK / DUKE JORDAN

自宅の1階にジムがある
24時間空いているジムなので
18歳以下は入会できない
ジムに通いたがっていた子供が
ようやく18歳になったので
2ヶ月前、一緒に入会した

10年前にジムに通っていた時期があった
真面目に3年間通っていたら
Tシャツの袖に腕が通らなくなった
逆三角形の体型になりつつあった時
腰を痛めてしまいそのまま退会

10年ぶりに筋トレしたら
10〜20kgは筋力が下がっていた
あたりまえか
60歳になったので
今の体力維持が課題だが
子供はすごい
見る見る間に筋力がついてくる

さてさてGWのユニオンセール
友人からメールで“行きますか?”
との返事に“行くつもり”と
返事を出した
しかし出品予定を見ても
欲しいものがない
ようやく買い換えたいレコードを
見つけるが聞き直しても
あと数回聞くかどうかのレコード
結局は一度も顔を出すことはなく
GWユニオンセールは終わりそう

そう言えば「FLIGHT TO DENMARK」
オリジナルでもない2ndが
オークションで
ものすごい値段で取引されたらしい
オリジナルでも1万位だと思うが
最近のコレクターの傾向は
さっぱり分からない
2ndは大量に日本にあるし
ユニオンでも2ndだったら2〜3000円
だと思うが

久々に聞き直しても
録音は良いとは言えない
しかし、雰囲気は抜群
もしもこの録音が良かったなら
これほど寒々した枯れた雰囲気は
出せなかったと思う
ほとんどの名盤は
名録音と共にあるが
録音は優秀とは言えない
「FLIGHT TO DENMARK」は
70年代の名盤に違いない ( 2017/5/4 )

音質★★★☆

色が抜けたぞ !

何時もだったらGWセールの時には朝からワクワク
御茶ノ水、新宿どちらのセールに行くか
ギリギリまで思案
そして、8時前には並んでいたのに
結局、GWユニオンセールに一度も顔を出さなかった
コレクターになってから初めてのこと
並んでまで欲しいレコードが一枚も出ず
多分これからも同じだと思う
そういえば、以前コレクター引退とも言っていたな

さてGWは何をしていたかというと
朝ジムで汗を流し
10時頃から自転車でポタリング
夕方からレコードの整理を兼ねて
部屋で音楽鑑賞

このところステレオ再生には
EMT927を使っていたのだが
数年ぶりにEMT930を使ってみる
オイルを補充して鳴らすと
やはり質感が違う
正確な音を出すEMTとされているが
良い悪いの違いではないのだが
低音の質感
鋳造と樹脂の違いであろうか
個人感覚では圧倒的に
927が素晴らしいのだが
ジャズベースの弾む感覚
930独特の質感も捨てがたい
やはり優秀なプレイヤーは
手元に残して正解である

そんな中
レコードを整理整頓をしていたら
「Waltz for Debby」のラベルの色が抜けていた
「Waltz for Debby」は複数枚所有しているが
この一枚だけ色抜け
陽の当たらないレコード棚で保管していたのに
???である
内袋による化学反応かな
全て同じ内袋を使っているので
考えられない

色抜けしたのは再発のRS企画だが
所有している人は注意が必要
しかし十年前ぶりくらいに取り出したレコードだが
他のレコードもどうなっているのやら
1万枚はあるレコード
とても一枚一枚確認する気力もなく
「見なかったことにしよう」と一言
ジジィになると、とてもアバウトになる ( 2017/5/13 )

〜近況・趣味について〜 BIKE FRIDAY

趣味に興味がなくなると
認知症の始まりと言う
しかし
レコード、オーディオ共に
欲しい、手に入れてまで聞きたいものがない
そして60才を機に少し落ち着こう
と、思っただけ

趣味といえば
数年前に始めた自転車いじり
折りたたみ小径車だけで8台
自分でも呆れる
結局はホイールまで組める知識はついたが
プロには敵わない
最近はほとんど懇意のプロショップに任せっきり
乗って楽しむことを最優先

常時使っている4台は
アメリカのバイクフライデー
乗っているうちにフレームだけ
残してパーツは全て入れ替えた

BIKE FRIDAY SPEEDING TIKIT

BIKE FRIDAY SPEEDING TIKIT

中でも16インチのTIKITはお気に入り
この自転車5秒で展開可能
腰が悪いので遠征に行った時
二度ほどタクシーで帰ってきたが
重宝している
展開の様子↓
https://m.youtube.com/watch?v=fQscBxx7wLE

BIKE FRIDAY POCKET ROCKET

BIKE FRIDAY POCKET ROCKET PRO

20インチのポケットロケット(ポケロケ)は
秋葉原などの近距離に使用
御茶ノ水の坂道を余裕で駆け上がる
難点は折りたたむのに3-4分かかり
しかも前輪を外さないといけない
先日も神楽坂で飲んで
仕方なく押して帰宅したが
TIKITに乗ってくれば ... 後の祭り
後先考えず行動するのはいつもの事

オーディオやレコードを
追いかけなくなって
お金が貯まると思っていたが
何のことはない
お金は世の中を回るようにできている ( 2017/5/25 )

★★★★以上は非常に優秀な音質です
高価ではないが珍しい?最近見かけなくなったレコード、少し珍しいオリジナル盤、音質の良いレコードや、何か面白い?話などを紹介しようと思います

気ままに更新していますので、時々また馬鹿なことを書いているなぁなどと見ていただければ幸いです